Blog&column
ブログ・コラム

空き家の劣化が早まってしまう原因とは

query_builder 2023/10/05
コラム
53
人が住んでいる家よりも、空き家は劣化が数倍の早さで進行していくと言われています。
一見すると誰も住んでいないのできれいな状態で保たれると思われがちですが、なぜなのでしょうか。
そこで今回は、空き家の劣化が早まってしまう原因について詳しく解説します。

空き家の劣化が早まってしまう原因
■カビの発生
空き家は扉を閉め切っていることが多く、換気が不足すると湿気でカビが発生します。
カビが発生すると腐食が進んでしまい、劣化が早まる原因なのです。
空き家であっても、こまめな換気を行いましょう。

■害虫の発生
空き家は雑草が生えやすく、放置していると早いスピードで一面に広がります。
その雑草に群がった害虫が空き家に侵入し、柱などを食べてしまうのです。
その結果劣化が早まってしまい、倒壊のリスクも高まってしまいます。

■ガス管などの破損
ガス管の見た目は良くても、内部が劣化している場合があります。
劣化してしまうと、ひび割れや破損などが起こりやすくなるのです。
空き家の場合は、破損などの劣化に気付くのが遅くなってしまいます。

▼まとめ
空き家の劣化が早まってしまう原因は、カビや害虫の発生・ガス管などの破損などです。
空き家を放置すると劣化が進行してしまうので、定期的なお手入れをしましょう。
お手入れが難しい場合は、不動産会社などの専門家に相談することをおすすめします。
「新亜商事株式会社」では、空き家の処理に困っている方のご相談を受け付けております。
お客様のご要望を大切にし、適切な方法をご提案いたします。

NEW

  • 引越の時に本籍の移転は必要?

    query_builder 2023/02/21
  • 私道負担とセットバック

    query_builder 2022/12/10
  • 住まいの騒音問題を防ぐには

    query_builder 2022/11/10
  • 東向き物件のすすめ

    query_builder 2022/11/03
  • 建築条件付土地とは?

    query_builder 2022/10/27

CATEGORY

ARCHIVE