Blog&column
ブログ・コラム

空き家管理をせずに放置することのリスクについて

query_builder 2022/10/15
コラム
38
空き家を所有している方にとって悩むのが、管理する方法ではないでしょうか。
どのように管理をしたら良いか分からずにそのまま放置していると、様々なトラブルに発展します。
そこで今回は、空き家の管理をしなかった時のことについて紹介します。

空き家の管理を放置しているとどうなる?
■価値が下がる
空き家を放置していると価値が下がってしまうので、売却時にも損をしてしまいます。
その理由としては、白アリが大量発生する場合や、湿気などによりカビが繁殖してしまったというケースがあるからです。
家は日々の手入れをすることによって、キレイな状態を保つことができるので使用していなくても管理は大切なのです。

■所有責任
家の所有者は建物に関して問題になった場合、過失がなくても責任を取ることが定められています。
例えば、台風などによって家の一部が飛び、近隣の方に怪我をさせた場合は責任を取る必要があります。
家の強度が弱いと、災害時にもトラブルになるので日々のメンテナンスは大切です。

また、家を長期間放置していると「特定空き家」に指定されることもあります。
近隣に迷惑をかけたり犯罪に使用されるケースもあるからです。
場合によっては、行政によって空き家解体の執行を命じられてしまいます。
その解体費用は、空き家の所有者が払わなければなりません。

空き家を管理する方法は?
空き家は、自分で管理するか業者に委託する場合が大半です。
それでも管理できない場合は、売却することもできますよ。

▼まとめ
空き家を放置していると、価値が下がることがあります。
近隣に迷惑がかかってしまう場合は、行政によって取り壊しを執行されてしまう恐れがあります。
空き家管理が出来ないと感じたら、売却してみてはいかがでしょうか?

弊社では、東京都で不動産売却を承っております。
空き家売却したい方は是非、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 私道負担とセットバック

    query_builder 2022/12/10
  • 住まいの騒音問題を防ぐには

    query_builder 2022/11/10
  • 東向き物件のすすめ

    query_builder 2022/11/03
  • 建築条件付土地とは?

    query_builder 2022/10/27
  • 広告に載らない非公開物件とは?

    query_builder 2022/10/25

CATEGORY

ARCHIVE