Blog&column
ブログ・コラム

不動産投資が節税になる仕組みを解説

query_builder 2022/09/15
コラム
36
不動産投資が節税になる」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
しかし、どのような仕組みで節税になるのか分かりにくいですよね。
そこで当記事では、不動産投資が節税になる仕組みについて解説します。

不動産投資が節税になる仕組み
不動産投資とは、自身で不動産を所有して賃料収入を得ることです。
厳密には「不動産所得」と呼ばれるものですが、収益を得ているわけですので所得税が課税されます。
しかし、不動産投資をすると「減価償却費」で会計上の赤字をつくることができるため、住民税と所得税を節税できます。

不動産投資するときの留置点
空き家率の高い物件があると損失に繋がる
物件によっては空き家率の高いものがあります。
空き家が多いと不動産収入が得られなくなりますので、最終的に損失に繋がる可能性があります。

■滞納リスクがあると損失に繋がる
物件が満室であったとしても、住居者が家賃を滞納する可能性もあります。
滞納自体は居住者の状況、意思によるものであるため防げませんが、注意喚起することはできます。
できるだけ家賃が滞納しにくい環境づくりを心がけましょう。

▼まとめ
不動産投資を行うことで住民税と所得税を節税できます。
なお不動産投資にはリスクも伴いますので、どんなリスクがあるのか理解したうえで始めるようにしましょう。
新亜商事株式会社では、不動産売却に関する相談を承っております。
お客様のご希望に沿った不動産売却の方法を提案しますので、いつでもお問い合わせください。

NEW

  • 売却時にリフォームを行うべきか

    query_builder 2022/09/06
  • コンバージョンとリノベーションの違い

    query_builder 2022/05/17
  • クーリング・オフ

    query_builder 2022/04/19
  • 江東区で不動産売却をお考えなら新亜商事株式会社へご相談ください。

    query_builder 2022/03/07

CATEGORY

ARCHIVE