Blog&column
ブログ・コラム

不動産登記の方法とは

query_builder 2022/07/01
コラム
29
不動産の贈与や相続の予定がある方は、不動産登記の方法について気になるのではないでしょうか。
不動産登記は司法書士に依頼するのが一般的ですが、自分でする方法もあります。
そこでこの記事では、自分で不動産登記をする方法について紹介していきます。

▼自分で不動産登記をする方法
■申請書を入手する
まずはじめに、申請書を入手しましょう。
インターネットが繋がっていれば、法務省のホームページから入手できます。
まずは、ダウンロードして印刷しましょう。

■必要書類を集める
申請書に添付する必要書類を集める必要があります。
具体的には、以下のものが必要です。

・印鑑証明書と実印
登記識別情報
・固定資産評価証明書
・住民票の写し

ただし、必要書類は贈与・相続・売買など登記の種類によって違いがあります。
自分で不動産登記をする場合は、あらかじめ必要書類を確認しておくようにしましょう。

■法務局へ提出する
申請書と必要書類が揃ったら、法務局へ書類を提出します。
ここでは書類の不備や記入漏れなどがチェックされ、問題がなければ終了です。
もし不備があった場合は指摘を受けるので、メモなどで記録しておきましょう。

▼まとめ
不動産登記の方法、流れは「申請書を入手する」「必要書類を集める」「法務局へ提出する」です。
1つ1つ確認しながら行えば、自分で行うことも可能です。
しかし、不安な方もいらっしゃるでしょう。
弊社は不動産業者ですので、アドバイスさせていただくことが可能です。
また不動産売却に関するご相談やご依頼を承っておりますので、お気軽にご連絡ください。

NEW

  • 私道負担とセットバック

    query_builder 2022/12/10
  • 住まいの騒音問題を防ぐには

    query_builder 2022/11/10
  • 東向き物件のすすめ

    query_builder 2022/11/03
  • 建築条件付土地とは?

    query_builder 2022/10/27
  • 広告に載らない非公開物件とは?

    query_builder 2022/10/25

CATEGORY

ARCHIVE