Blog&column
ブログ・コラム

売却時にリフォームを行うべきか

query_builder 2022/09/06
ブログ
24242346_l

家やマンションを売却する際に少しでも早く、高く売却するためにリフォームを考える方は多いでしょうが効果はどうなのでしょう。今回はリフォームのメリットとデメリットを挙げて比較を行ってみましょう。

 

【メリット】

・第一印象が良い。

・高く売却できる可能性がある。

・リフォーム中に物件の不具合を発見できる。

・購入後すぐに入居可能なので住むイメージが付きやすい。

リフォームが後押しとなって上手くいけば早く高く売却できる可能性があります。

 

【デメリット】

・リフォームの内容が買主の好みに合わない可能性がある。

・リフォーム工事中は数カ月売却活動が出来ず売却期間が長引く。

・リフォーム費用分以上必ず高く売却できるとは限らない。

 

なかなか物件の売れ行きが良くない場合に打開策としてリフォームを行うこともあります。しかし,中古物件を検討する買主は自分の好みにリフォームすることを前提に物件を探すこともあり、その場合は物件の綺麗さより物件の立地や物件価格を購入基準にさがしていることが多いです。

このようにリフォームを行ったからと言って必ず売れる訳ではなく、リフォームを行う際はどの程度おこなえば物件の価値や売却への効果を上げられるのか判断が難しいです。

経費を抑えて可能なハウスクリーニングや修繕、プロのカメラマンに物件の撮影を依頼するなどお家の印象をよくするために出来ることはリフォーム以外にもあります。リフォームや売却の実地の際には事前に不動産会社などのプロと相談をしてから売り出しをおすすめします。

NEW

  • 私道負担とセットバック

    query_builder 2022/12/10
  • 住まいの騒音問題を防ぐには

    query_builder 2022/11/10
  • 東向き物件のすすめ

    query_builder 2022/11/03
  • 建築条件付土地とは?

    query_builder 2022/10/27
  • 広告に載らない非公開物件とは?

    query_builder 2022/10/25

CATEGORY

ARCHIVE